ワインの魅力や楽しみ方とは?初心者によくある疑問や解決の方法を具体的に紹介

当サイトではワインに関する様々な疑問について、情報を公開しています。
基本的な魅力をはじめとして、楽しみ方や適温、更におすすめのおつまみなどに関する情報がわかるため、初めて口にする人やこれからもっとよく知りたいと考える人におすすめです。
どうしても高級な物といったイメージの強いアイテムですが、気軽に楽しむことのできるアイテムとなっているため、発想を柔軟にして手軽に飲むことができるようにすることが重要といえます。

ワインの魅力や楽しみ方とは?初心者によくある疑問や解決の方法を具体的に紹介

ワインに関してどんなところが魅力なのかと疑問に思う人もいます。
基本的に多くのワイン好きがあげる魅力は、芳醇な香りです。
産地や種類、ワイナリーにより同じブドウで造られていても全く違った香りや味わいをしていることに、魅力を感じる人が多いといいます。
基本的に楽しみ方は自分のライフスタイルに合った物がいいといわれていますが、先人たちの価値観に惑わされず自分が楽しみたい方法で飲むのが一番です。
例えばチョコレートと楽しんだり、デザートと一緒に楽しむのも魅力といえます。

初心者が知っておきたいワインの種類

初心者が知っておきたいワインの種類とはどういったものがあるのか、まずはワインを楽しむ気持ちで飲めるような種類を、いくつか紹介していきましょう。
最初に赤ワインと白ワインの違いを知っておかないと、語ることはできないでしょう。
まず赤は、黒舞踏の果汁と皮を合わせて発酵させたものであり、タンニンが豊富で渋みがあるのが特徴といえます。
次に白は、白ブドウを発酵させたお酒であり、黄色が買った色をしているのです。
酸味を感じられる味わいであり、渋みが無く飲みやすいのが特徴といえます。
その他ロゼというものもあり、美しいピンク色が特徴です。
黒ブドウの果汁のみを使用したりなど、作る方法は様々ですが辛口と甘口と味が変わってくるのも特徴です。
山地は色々な場所が増えており、アメリカやチリ・オーストラリアなどでも減算となることが増えてきました。
後は口当たりがよい味を選ぶことによって、料理に合わせたりと自分の好みを見つけていくことでより良い食事を楽しむことができます。

ワインの保存に最適な温度や湿度とは?

ワインはアルコール飲料の中でも最も芳醇な香りがし、扱い方も丁寧に行うなど大変デリケートな飲み物です。
保存をしっかりと行うことである程度年数が経ってもおいしく飲むことができ、緩やかに熟成を続けることができます。
逆に状態が悪いと早く劣化し、味が落ちるなど風味にも影響が出てしまいます。
ワイン保存においては温度や湿度、光や振動、空気や匂いの6つの条件があります。
温度では温度差が少なく13度から15度が最適であり、温度が高すぎると変質の原因となります。
湿度は75%が良く、湿度もまた高すぎるとカビが発生することがあるため注意しなくてはなりません。
エアコンで管理をしている場合はコルク栓の乾燥にも気を配る必要があります。
光では日光にさらすことで日光臭が発生することがあり、冷暗所に置くのが基本です。
自宅の場合は床下収納や押し入れで横に寝かしておくと長持ちします。
できるだけ1日の温度変化が少なく、涼しい場所を選ぶことが大切です。

ワインの味を確かめるテイスティングの注意点

ワインを飲むときに行うテイスティング。
テイスティングにはワインが悪くなっていないかを確認するホストと、味わいを評価するものの2種類があります。
一般的にはワインの味わいを評価する意味で使用することが多く、外観と香り、そして味わいに注目をします。
ワインの味を確かめる場合の注意点では、舌全体を使用することがあげられます。
一気に口に含むのではなく、少量を口の中に入れ、ゆっくりと転がすように広げていきます。
その時に注目する点は、甘味と酸味、渋みとアルコール度数の4つになります。
この4つのバランスが良ければ良いほど高品質と評価されるので、ゆっくりしっかりと確認をしなくてはなりません。
さらに注意点としては先入観をできるだけ取り除くということになります。
有名な醸造家が作っている、三ツ星レストランで提供されているという情報を耳にしてしまうと先入観で物事を見てしまう恐れがあります。
できるだけ心を無にし、静かで集中できる場所で行うようにします。

ワインは年代が古い方が美味しい?

ワインは年代が古い方が美味しいのでしょうか。
一般にヴィンテージワインと呼ばれる商品が出回っており、10年や20年あるいはさらに長い年月が経過しているものも珍しくなく、古いもののほうが値段的にも高くなっていることが多いです。
このような理由から、古い方が美味しいに違いないと短絡的に考えがちなのですが、これは必ずしも正しいわけではありませんので注意しましょう。
確かにヴィンテージ物は保存中にも熟成が進んで味が変化し、一般的によりおいしいと感じられるようになります。
これにはある程度の年月が必要ですので、より時間が経過しているほうが良いですし値段も高くなるわけです。
ですが、古ければ古いほど良いというのは幻想です。
数十年以上などとあまりにも熟成が進み過ぎると逆に味が悪くなることはごく一般的ですし、ワインの種類によってはそもそも熟成を想定しておらず、作られれば即座に飲むことが最も適切とされる製品もあります。

に関する情報サイト
ワインに関する様々な疑問

当サイトではワインに関する様々な疑問について、情報を公開しています。基本的な魅力をはじめとして、楽しみ方や適温、更におすすめのおつまみなどに関する情報がわかるため、初めて口にする人やこれからもっとよく知りたいと考える人におすすめです。どうしても高級な物といったイメージの強いアイテムですが、気軽に楽しむことのできるアイテムとなっているため、発想を柔軟にして手軽に飲むことができるようにすることが重要といえます。

Search