ワインの魅力や楽しみ方とは?初心者によくある疑問や解決の方法を具体的に紹介

ワインが美味しく飲める最適の温度はどれくらい?

ワインは温度によって味わいが変化するといわれており、ワイン初心者は美味しく飲める最適な温度を把握しておけば、普段以上にお酒を美味しく楽しむことができます。
一般的にワインは低めの温度に冷やすと甘みが抑えられ、すっきりとした味わいとなるため、渋みや酸味が特徴の種類ならばしっかり冷やすことによってフレッシュさと渋み・酸味をはっきりと感じられるようになります。
そして低温は第1アロマと呼ばれるぶどう品種特有の香りや、第2アロマという発酵・醸造による香りが際立ち均整の取れた味わいを楽しめます。
反対に高くすると甘みが強くなる傾向があり、熟成感が増すので渋みと酸味がまろやかに柔らかくなります。
温度が高くなるので香りの広がりも大きくなるので、繊細さを抑えてふくよかな印象が楽しめる特徴があります。
さらに赤の詳しい目安は、フルボディなら16~18℃、ミディアムボディなら13~16℃、ライトボディは10~12℃となります。
白の場合は甘口なら5~8℃、辛口は7~14度が目安です。

ワインのラベルの見方とは知っておきたいポイント

ワインというと、赤白といった分類やボトルの形状、ラベルが目を引きますが、ラベルの見方を問われれば案外知らない人も多いのではないでしょうか。
ラベルにはブランド名だけでなく産地や生産者といった情報が記載されているので、ワインに興味があるなら覚えておいて損はないといえます。
生産年も重要な情報の1つなので、いつどこで誰の手によって作られたものなのかを把握することが大切です。
旧世界の地域のワインは、原産地名が大きく表示されている傾向なので、新世界との見分けがつきやすいです。
ただぶどうの品種に関しては記載がないことも多いですから、そこはやや不便で情報不足となります。
新世界のワインは品種を含めて分かりやすく情報がまとめられており、その点は旧世界のものよりも洗練されています。
一般的なラベルの見方をおさらいすると、ブランドやシリーズにぶどうの品種、生産地や生産者名にぶどうの収穫年が書かれているので、それを意識しながら目を通してみると理解が早いのではないでしょうか。

ワインに関する情報サイト
ワインに関する様々な疑問

当サイトではワインに関する様々な疑問について、情報を公開しています。基本的な魅力をはじめとして、楽しみ方や適温、更におすすめのおつまみなどに関する情報がわかるため、初めて口にする人やこれからもっとよく知りたいと考える人におすすめです。どうしても高級な物といったイメージの強いアイテムですが、気軽に楽しむことのできるアイテムとなっているため、発想を柔軟にして手軽に飲むことができるようにすることが重要といえます。

Search